趣味のたんしゃ in はてなブログ

K90とGIXXERで色んなところを旅したり

純正FIエンジン(50cc)→中華エンジン(110cc)換装の記録【中華エンジンへ載せ替え】

■ 中華エンジン購入


ヤフオクとかで売っている中国製エンジン、通称「中華エンジン」
ひょんなことからゲットしたので載せ換えを決行しました。

■ ハーネスの交換と配線


少し、配線に手間取ったので配線図を書き出しました。
パルスジェネレーターからの配線が//だったりとハーネス側と中華エンジン側とでは多少色が違ってます。

カブの年式によってはHL(Lighting coile)線の黄色茶色の配線と繋がっていたりします。
黄色も茶色もエンジンONで通電するポジションランプ向けの配線です。
サービスマニュアルで確認したほうがいいです。

各中華エンジンの配線については下のサイトを参考にしました。
http://www.geocities.jp/ssssjinjin/file/coarse_study/generator.html

■ 概観


キャブ車ならほとんどポン付けでいけます

注)走行前のオイル交換と慣らし走行は必須です! 可能な限り高頻度でホンダG1オイルを入れ替えてあげましょう!


工作難易度:★★★☆☆


↓はこの関連商品のアフィですが、クリックして頂けると有難いです。

125ccエンジンセル始動方式クラッチレバーなし MINIMOTO(ミニモト) モンキー(MONKEY)

価格:26,991円
(2020/2/28 18:53時点)
感想(0件)